セルフメディケーション税制

平成29年1月から、新しい医療費控除の仕組みとして市販薬を対象とした「セルフメディケーション税制」(医療費控除の特例)がスタートしました。市販薬を上手に利用して医療費の節約につなげましょう。

セルフメディケーション税制の概要

特定の市販薬で医療費控除を申告できる

従来の医療費控除の対象は、主に医療機関に支払う費用が中心でした。今回開始されたセルフメディケーション税制では、特定の成分が含まれた市販薬(スイッチOTC 医薬品)が対象となります。対象となる市販薬には識別マークが記載されます。申告には領収書が必要です。

self_M_01

年間で12,000円超が対象

控除の対象となるのは、1年間(1月1日から12月31日)で特定の市販薬を購入した際の支払い額が12,000円を超える場合です(控除額の上限は88,000円)。自分だけでなく生計を同じくする家族が購入した分も一緒にして申告できます。

self_M_02

従来の医療費控除と併用はできない

従来の医療費控除とセルフメディケーション税制は、同時に利用することはできません。支払い額を把握しておき、セルフメディケーション税制と従来の医療費控除の有利になる方を選択しましょう。医療費の支払いが年間10万円超の人は、従来の医療費控除を選択した方が控除額を大きくできる可能性があります。

健康を守る取り組みが必要

セルフメディケーション税制を利用するには、病気予防や健康維持の取り組みを行っておくことが必要になります。具体的には、定期健診や特定健診の受診、がん検診の受診、インフルエンザ予防接種を受けることが必要です。申告の際にいずれかの証明書類が必要となります。

医療費控除って何?

医療費控除とは、医療費が高額になったときに確定申告で所得から一定額が控除される仕組みです。所得が減るため、払い過ぎていた所得税が還付されたり、翌年の住民税が減額されます。前年分(1月1 日から12月31日まで)の医療費が対象です。申告の際は支払い額を証明するために領収証(レシート)が必要ですので、大切に保管しておきましょう。