健診・健康づくり

健康スコアリングレポートが発表されました

2019/12/25

健康スコアリングレポートは、日本健康会議・厚生労働省・経済産業省が連携して作成し、

健保組合ごとの加入者の健康状態や医療費、予防・健康づくりへの取組状況等について、

全健保組合平均や業態平均と比較したデータの経年変化を見える化したものであり、企業

と健保組合が従業員等の予防・健康づくりに向けた連携を深めるためのコミュニケーション

ツールとなっています。

 

 ●健康スコアリングレポート2019年度版(2015~2017年データに基づき作成)

 ●参考資料

 ●健康スコアリング活用ガイドライン

 ●経営者の皆様へ

 

当健保組合は、特定保健指導の実施率は高く、生活習慣病リスク保有者の割合は全国平均

並みですが、適正な生活習慣を有する者の割合は全国平均より低くなっています。

ご自身の生活習慣を見直していただくことは、生活習慣病の予防にもつながります。

健保組合の医療費縮減のためにもご協力をお願いたします。